初心者ガイド

リキッドマスターへようこそ

あなたは「Vaping」に興味ありますか?

Vapingとは、英語で電子タバコを使用することですが、欧米では既に火を付けて吸う従来のスモーカーよりも、電子タバコを吸うベイパーの数の方が多くなっている地域があるほど人気なんです。

多くのハリウッドスターも電子タバコを愛用しています。

電子タバコに興味があり、始めて見たい人にとっても日本ではまだ情報が少ないために不安もあるのでは無いでしょうか?

電子タバコを実際使用してみると以前より体調が良くなったという人がたくさん居る一方で、まだ歴史の浅い電子タバコは長期間かけて検査を行うことが出来ないため、健康的な不安を感じる方もいるかも知れません。

現在の日本では、従来のタバコを止めるための代変え品として、つまり禁煙グッズとして考えている人が多いかも知れませんが、電子タバコは従来のタバコより安全だということがもっと理解されるようになると、電子タバコを楽しむ人が日本でも爆発的に増えるでしょう。

 

このサイトについて

わたしたちリキッドマスターはニコチン入りのプレミアムリキッド専門店として、アメリカ人と日本人両方のスタッフで運営しています。

このHPはもちろん、お問い合わせにも日本語で対応させて頂きますし、品質管理はもちろん、ご注文から商品をお届けするまで、全て日本人のサービスクオリティを実現しています。

お支払いはドルになりますが、円での価格表示も出来ますのでどうぞ安心してお買い物をお楽しみ下さい。

ご不明な点などあれば、いつでもお問い合わせ下さい。

リキッドマスターお買い物ガイドはこちら>>

 

電子タバコの安全性についてBBC(イギリス公営放送)の見解

 

安全性について簡単に言うと、電子タバコの蒸気を従来の火を付けて吸うタバコの煙と比較した場合、有害物質や発がん性物質の量は遥かに低いということが明らかになっています。

以下は英国放送協会(BBC)が放送したドキュメンタリーです。

※BBCはイギリスの公営放送局なので、日本でいうNHKにあたる信用あるテレビ局です。

このシリーズは「Trust me , I'm a doctor 」と言い、現在社会のトレンド品を医学的に分析するドキュメンタリーですが、日本語字幕を入れているので楽しんで電子タバコの現状を学んで頂けるかと思います。

アナウンサーはマイケル・J・モーズリーです。

 

 

電子タバコの仕組み

 

 

電子タバコを使用するには、電子タバコ本体と、リキッドと呼ばれる匂いがついた液体が必要です。

このリキッドの中に、ニコチン入りとそうでないものと種類があります。

自分に合った電子タバコを選ぶのはとても大切です。

最近様々な型式を購入できる上、大きさや使い方がありますから初心者にとって選びにくいというのはとてもよくわかります。

当サイトでは、初心者の方でも電子タバコが選べるように丁寧に説明していきたいと思います。

 

電子タバコの詳細はこちら>>

 

煙を吸うのでなければ、実際何を吸っていますか?

 

 

電子タバコは煙を吸うのでは無く、リキッドを熱して出た蒸気を吸っています。

全く味がしない液(リキッド)や、風味が入っているリキッド、ニコチン入りリキッドやニコチン無しリキッドもあります。

煙が出ないということは何も燃やさず、液体を熱して蒸気にして吸うので、従来のタバコに多く含まれ有毒性の高いタールが含まれず、当然灰もでません。

またリキッド自体の成分も主に4つの材料に限られているので、BBCの動画でもあったように、タバコの煙に含まれる4000種類以上の発がん性物質や有害物質は格段に減っています。 

成分についてはこちら>>

 

ニコチン液(リキッド)について

 

 

電子タバコのタンクに入っている、またアトマイザーが一瞬で加熱して蒸発する物はリキッドと言います。その蒸気を吸います。

フルーツやスイーツなどの甘い風味があるリキッドも沢山有り、特に女性に人気のリキッドが沢山販売されています。

禁煙目的で電子タバコを吸い始める多くの初心者は、以前吸っていた従来のタバコを再現したくてタバコ風味のリキッドを選ぶことが多いですが、タバコの風味を上手に再現する風味はあっても、燃やさない電子タバコで完璧にタバコの煙味を再現することは難しいのが現実です。

男性でもフルーティな風味やスイーツの風味に段々とハマっていく人がとても多くいて、現在何千種類の風味があります。

でも皆さんの好みはそれぞれですし、他の人が「美味しかった」と言っても、自分にとってそうとは限らない。

最初の期間も特に好みが変わることも多いので、サンプルの小さなリキッドを提供しているブランドからチャレンジしてみると面白いでしょう。

リキッドについて詳しくはこちら>>

 

電子タバコを使ってどんな感じですか?

 私の場合、ニコチン含むリキッドを使うと、タバコの煙に近いと思います。また電子タバコ使ったあと、タバコ欲しい気分が無いです。

実際に使って、禁煙した経験でいうと18mgから始まるのはおすすめです。少なくとも、普段吸っていた煙草のニコチン濃度に合わせるのがいい。電子タバコを使って、ニコチン渇望が取れなかったら、濃度を上げたらいいし、電子タバコを使って、ニコチンハイを感じたら濃度を減らしたらいいと思います。 

最初は違和感がありました。やはり、電子タバコのサイズ、重さ、手に持ち方が違うし、意外とタバコの灰を飛ばすことと吸い殻を捨てることが恋しくなった。でも慣れたら平気ですし、タバコより全然美味しいと思います。 

 

禁煙グッズとしての電子タバコ

 

タバコを止めて電子タバコに切り替えたいと、禁煙グッズとして電子タバコを始める場合は、従来のタバコと電子タバコを併用する期間を設けるのが良いかと思います。私は完全にタバコを止めるまでに数ヶ月かかりました。

ニコチンが切れて欲しくなったときにまずは電子タバコを使ってみて、それでも物足りないと思った時だけ少しタバコを吸っていました。

こうやって併用する期間を設けることで、無理せずにタバコを止めて電子タバコに乗り換えることが出来ました。

 0mgから始まることもできますが、0mgニコチンパッチやガムから始めるのと同じ様に成功する人が少なく、どうしてもニコチンが足りないから電子タバコの使用が続かないことが多いです。

私にとってタバコを止められたキーポイントは、好きな電子タバコの味を見つけることでした。

使いだしてから間もなく、口に合った風味のリキッドを見つけ、「タバコより美味しいかも」と思い、自然にタバコを吸わなくなりました。

電子タバコの使用は、従来のタバコに比べて健康的に受けるダメージを98%減らせることが明らかになりました。一度真剣に考えるすべきです。

 

 

関連情報

健康や安全について>>法律について>>お買い物ガイド>>会社の紹介>>

 

投稿者: 「https://liquid-master.com」

投稿日: