ミニー

ミニーは禁煙グッズのイメージがある電子タバコ

ミニーは日本で電子タバコが禁煙グッズとして知られるようになった最初のタイプですから、電子タバコと言えばこの形を思い浮かべる人も多いのでは無いでしょうか?

とても小さくてもちやすく、従来のタバコの形と同じなので喫煙者にとっても違和感なく始められますね。

ただし、ベイパーの中でもこのミニーを使っている割合はおおよそ8%ですから、イメージだけで実はあまり利用している人が多いとは言えません。

ミニーは大半がオートタイプと呼ばれる、吸うと自動的に起動して上記を出すタイプですが、起動ボタン付きのタイプもあります。

ミニーを取り扱うブランドはいくつもありますが、いくつかの型に基づいていて、その型はバッテリーとアトマイザーとのジョイント部分にあるねじきりのサイズで見分けられます。

そのねじ切りのタイプさえ合うモノであれば、他のブランドの商品でも交換して使用することが可能です。

例:KR808,?510, 901, M401,?KR8

 

ミニースターターキット

 

 

ミニーのスターターキットも沢山販売されていますが、必要な装備品がそろっているので、試してみたいという方にはオススメです。

現在95%のミニー電子タバコはバッテリーとカートマイザ2ピースシステムになります。

カートマイザの容量はだいたい1mlと小さく、バッテリー出電力は3.2v?3.7v、?容量は500Mah以下なので、決してパワフルなタイプとは言えず、バッテリーも45分?2時間程度しかもたないので、換えのバッテリーが必要です。

目安として一日一箱吸うスモーカーなら一日でバッテリー6本ほど必要になります。

ただし、太さと長さは従来のタバコとほぼ同じなので、持ち運びにはとても便利ですね。

 

魅力的なポイント

軽い、持ちやすいし運びやすいサイズ、おしゃれ、高くない、事故が起こりにくい、見た目は従来のタバコと似ています。

良くないポイント

味が薄い、ヘビースモーカーにとって蒸気が薄いかも知れません、バッテリー寿命が短い、使い捨てタイプの場合は経済的ではない、パワーがない、リキッド無くなるのが早い 、実際摂取するニコチン量が非常にすくない。(ニコチン渇望渇望を感じたら、ニコチン濃度が高いリキッドを使って下さい。またはもっと大きいデバイスに乗り換えて下さい。)従来のタバコに比較したら重さが違うから違和感あり。

 

ミニーの使い方

オートタイプなので吸うときは口を付けて、吸うだけでOKです。従来のタバコと全く同じ吸い方です。

モデルによって、起動ボタンを押しながら吸う必要がありますが、段々と自動的のタイプに変わっています。

蒸気が薄くなったら、リキッドを補充して下さい。(使い捨てカートマイザもあります。)

完全に止まった場合はバッテリーを充電して下さい。

 

ミニーを使う前に

バッテリーをカートマイザ付ければ、準備完了です。(バッテリーを充電し、カートマイザのリキッドが十分入っているかを確認しておいて下さい。)スポンジやアトマイザーが汚れて色がついてきたら交換して下さい。

充電仕方

バッテリーをカートマイザから外し、USB充電コードに設定してからコンセントやパソコンにさして下さい。モデルによって、充電時間が変わりますので、確認しておいて下さい。充電していない時充電器をさしっぱなしにしないで下さい。

 

リキッド補充し方

カートマイザの中を見ると、リキッドを保つ長いチューブ形のスポンジウオッシャーがあります。そのウオッシャーにコイルが接触し、蒸発する温度まで加熱し、蒸気が出来ます。キャップを外して、吸収出来なくなるまでスポンジにリキッドをゆっくり注いで下さい。(真ん中の穴にリキッドを落とさないように注意しましょう)

 

カートマイザの交換

バッテリーから外し、新しいカートマイザにリキッドを補充し、バッテリーに付けて下さい。古いカートマイザを処分して下さい。

バックアップ

寿命期限があるので、予備品を買っておくのをおすすめします。バッテリーを3本とカートマイザを10本あるといいかも知れません。

 

使い捨てタイプのミニー

海外では使い捨てタイプも良くあります。

使い捨てタイプは名称通り、使い終わったら処分する物です。だいたい400回ほど吸引できます。

良い点

タバコを吸う人にとって、従来のタバコに最も似ています。軽いし、柔らかいから手に持った感覚は一緒。

良くない点

最終的に高い、環境に悪い、蒸気が薄い、オプションが無い、フレーバーが限られている

投稿者: 「https://liquid-master.com」

投稿日: