正しい使い方

厚生労働省が電子タバコ蒸気質について実験しました。

合わして13ブランド電子タバコの蒸気を審査し、結果:1つはニッケルや重金属成分が従来のタバコより大量にありました。

簡単に言うとアトマイザーの質が悪かったからです。またアトマイザーが発火すると有害物質が大量に出ることが結果てきに分かりました。

自分に何が出来るかというと:

1。自分の電子タバコがある程度評価がいいと確認する。

確認し方についてはこちら>>

2。適切な温度でベイプすることです。

基本的に最適は180°C〜195°Cです。それを作るために、アトマイザーに通る電気量を正しく設定しなければいけません。

電子的で言うと、そのフォーミュラーとは: { V^2/Ohm =ワット}または{V/Ohm =アンプ}

このフォーミュラーは「オームの法則」と言います。

例:バッテリーが2.0V電圧+アトマイザーが2.2ohmですとしたら、2x2/2.2 =1.8ワットになります。それはどいう意味かというと以下の表では温度の表があります。お持ちのバッテリー電圧(VOLTS)(上の欄)とアトマイザーのOHMS(左の行)の交差点にどの温度を出すか分かります。緑の枠内は安全で美味しく使って頂ける温度です。

 

安全の範囲の限界まで温度を上げても蒸気が薄いと感じたら、温度をさらに上げるより、もっと大きめのアトマイザーを使ったタンクに乗り換えるべきです。リキッドが気化する面積を大きくすると蒸気が濃くなります。 

 

投稿者: 「https://liquid-master.com」

投稿日: