使っているものは安全ですか?

厚生労働省が電子タバコ蒸気質について研究を行いました。

「電子タバコに発がん性物質がタバコ煙より10倍の濃度検出」ニュースで大騒ぎでした。ただ、あまり聞かない事実とは:

合わして13個ブランド電子タバコの蒸気を審査しました。結果:1つのブランドにはニッケルや重金属成分が従来のタバコより10倍の濃度で検出されました。

その電子タバコアトマイザーの質が悪くて、熱を加えることによって鉄の粒子が蒸気と一緒に混ざっていたいたのは原因でした。またアトマイザーが発火すると有害物質が大量に出ることが結果てきに分かりました。またいくつかのリキッドにも発がん性物質を検出されました。

別の問題で爆発するバッテリーやマルウェア含むバッテリー充電器もあります。

上記の問題は圧倒的に大量に偽造品の普及が原因です。

こういった偽造品は圧倒的に中国で作られたものが多いです。

中国のメーカーが悪いよりも、まねして安く商品を作ろうとする偽造者が問題です。

どうしたら自分を守れますか?

 

 電子タバコや装備品に関して

対策として、オーセンティックであるかどうか確認システムが採用されています。

一般的にメーカーのホームページに行って、購入した商品のバーコード下の部分を削って、番号を入力すれば確認出来ます。

多くの場合これは英語で行いますから、また出来るだけ多くのメーカーさんのオーセンティック確認ページリンク表を記載する予定です。

 危険なリキッド

実績があって、信頼性が高いブランドを選ぶべきです。電子タバコの本体と同じように、中国から偽造品のリキッドが大量にあります。要注意!

悪人が意図的に有毒な材料をリキッドに入れているわけでもないと思いますが、多くの偽造品加工場は安くて、品質が低い材料を使って、大手メーカーのリキッドとして販売します。

偽造のリキッドには確かにニコチンとPG/VGが入っているかも知れないけど、使われているニコチンは殺虫剤用グレードのニコチンやPGの場合潤滑剤グレードの物を使っていた情報もあります。

こういう偽造品のリキッドが販売される中で、発がん性物質はいくつかのリキッドに検出されることは当然です。

また品質が悪い材料だけではないです。完全に毒になる成分を含むリキッドもあります。

偽造のリキッドに有毒性高いと判明された「ジエチレングリコール」が検出された例もあります。こういう材料は安いし、グリコールに似ていますから、VGの代わりに入れたでしょうね。

最後に容器自体も大きいなポイントです。多くの偽造リキッドは安さを狙っているからわざわざ品質が高いボトルに投資するのは信じがたいことです。商品全体的に判断するのは良いと思います。

 VS  

信頼性高い商品はどっちですか?

 

投稿者: 「https://liquid-master.com」

投稿日: